ホーム >  白扇酒造のスタッフ紹介

白扇酒造のスタッフ紹介
  • 川辺本社「小売部」
  • 川辺本社「製造部」
  • 八百津
  • 八百津「事務所」
  • 八百津「製品部」
  • 八百津「営業」
川辺本社「小売部」

味醂、日本酒、焼酎、リキュール、と品種が多くあります。お客様のご要望にあった商品をお届けできるよう、商品説明をさせていただきます。
また進物用の包装等もしておりますので、来店の際にはお気軽にお声かけ下さい。本社小売部は土曜、日曜、祝日も営業しています。(元旦のみ休み)
岐阜にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。心よりお待ちしております。

商品造りに日々精進中!
工場長 木沢達也

工場長の木澤です。時の流れは早いもので、白扇酒造に勤務し、20数年が経ちました。現在は工場のトップとして指揮をとっています。食品を扱うため、ミスは許されません。 常に先を見据えながら、行動指示を出すよう心がけています。
また5S整理整頓清掃清潔しつけを掲げ日々皆に指導しています。
同世代のラモスさんも岐阜に来て頑張っています。これからも幅広い世代と多くのコミュニケーションをとり皆様に安心していただける商品造りに日々精進してまいります。

川辺本社「製造部」

白扇酒造では、ほとんど昔から変わらない製法で、職人の五感(見る、触る、嗅ぐ、聴く、味をみる)を研ぎ澄まし、味醂や清酒の本来もつ豊かな旨みが感じられる造り一筋に進んでまいりました。
味醂の原料となる焼酎は昔から自社で製造しています。そのノウハウを活かし、最近では岐阜県では数少ない芋焼酎、麦焼酎も造っています。
笑顔の絶えない元気いっぱいの製造部では、皆様にご満足していただくよう、人の手の温もりが伝わる丁寧な酒造りをしていきます。

毎日が挑戦です!
品質管理長 森雅宏

貯蔵してあるお酒を調合し出荷できるよう仕上げる濾過を担当しています。
弊社の商品は味醂から清酒・焼酎・リキュール類と幅広く、それぞれに濾過の方法が異なり、仕上げの味を決めるという緊張もあるので大変ですが、工夫次第で品質を微妙に変えることもできるという面白さがあります。
安全で品質の良い商品であることはもちろん、いかに美味しい状態でお客様にお届けできるかを模索しながら試行錯誤を繰り返しています。
毎日が挑戦です。

自社で精米しています
精米担当 一柳恵治

お酒を造る一番最初の大切な部分だからこそ共同精米でなく自社で精米をしています。原材料の産地の確認ができ、お客様に安心して飲んで頂く事ができます。
自社精米の強みは、玄米の段階で自身の目で見て確かめ、弊社の造りに最適な精米をし、お酒にできるところにあります。
毎年微妙に違うお米の質を見分け、精米のコントロールをしていく。白扇酒造のお酒が美味しいのは自社で精米することが大きく関係しているのです。

八百津

平成3年に隣町の八百津町にボトリング工場と営業を移し、川辺町の本社は醸造部門のみとなりました。平成4年には、清酒の品質にも力をいれるため清酒銘柄名を「黒松白扇」から「花美蔵(はなみくら)」に変え、新たな発展に挑戦しています。

八百津「事務所」

白扇酒造(八百津工場)の事務所です。
弊社では、酒・みりん造りを川辺町の蔵元で行い、ボトリング・在庫管理・出荷作業を八百津町の工場で行っています。現在八百津の事務員は4名。電話応対・発送事務・贈答品の包装など、各業務が円滑に進むよう協力し合っています。
自社製品ではありますが、「三年熟成本みりん」をはじめ、清酒や焼酎など、当蔵自慢の「味」が数多くあります。それらの魅力をより多くの方に知っていただくこと、これが一番の仕事かもしれません。今後も商品知識を増やし、お客様のニーズに合った商品提案ができるように努めていきます。

一期一会をモットーに
総務部長 山田文明

総務の山田です。総務と営業を兼ねて活動をしています。
事業本部の仕事は、全国からの注文に対応する場所です。
また、社員教育には特に重点を置いています。私には仕事を任せることのできる仲間が沢山います。お客様と接し(ありがとう)(美味しいね)(いつも使ってるよ)という言葉を聞きお客様の(笑顔)を見たりすることの、幸せな気持ちがたまらなく好きです。
これからも多くの人と沢山の出会いを通じ私の好きな言葉(一期一会)をモットーに大切な商品を沢山の仲間と一緒に皆さんにお届けしたいと思っています。

八百津「製品部」

白扇酒造 八百津工場 製品部です。
清酒・みりん・リキュール・焼酎などのボトリングを行っています。
洗瓶・瓶詰・ラベル貼りから、配送の梱包までをミスなく行うために、日々協力し合っています。
これからも、お客様により良い製品をお届けできますよう、製品部一同頑張ってまいります。

品質に絶対の自信あり!
工場長 浅野直幸

白扇酒造八百津工場で製品部部長をしている浅野直幸です。
仕事内容はボトリング作業と製品の梱包作業を主にしています。
ボトリング作業で気を付けていることは、殺菌洗剤です。作業終了後、瓶詰めの機械を分解して、部品を手作業で洗剤後、部品を組み立て、殺菌洗剤で30分循環洗浄、次に80度の熱湯で30分すすぎ洗い、一般殺菌を殺菌、最後に微酸性電解水を30分循環しています。約2時間は洗浄をしているので品質には絶対の自信があります。
製品に関してはお客様のお手元に届いても恥ずかしくないような商品を目指しています。

八百津「営業」

私たち販売部は、岐阜県、愛知県を3人で持ち回り営業をしています。
主に取引店を中心としたルートセールスですが、新規取引店の開拓や試飲販売会のイベントなどにも参加しています。
皆様のお近くの酒屋さんで花美蔵、3年みりんがお買い求め頂けるよう、これからも頑張って営業していきますので、是非、花美蔵をよろしくお願い致します。

白扇酒造のご紹介