杜氏日記

呑み切り(のみきり)

関酒造組合による呑み切りが先日行われました

呑み切りとは、冬に搾られたお酒はタンクで貯蔵熟成されますが、貯蔵タンクのお酒を抜き出してテイスティングし、健やかに熟成しているか、色、香り、味などを見る品質検査を行います

お酒を抜き出すときに貯蔵タンクの出口である「呑み口」を切ることから、これを「呑み切り」といい、その年初めての呑み切りは「初呑み切り」と呼ばれ、5月末から6月の初夏頃に行われます

ここでの評価がその後出荷するお酒に大きな影響を及ぼすため、酒蔵にとって重要な行事となっています

日本名門酒会より引用

10月には発売される 「黒松白扇」は順調に熟成されてます!皆様、乞うご期待!